マイニングには様々な種類が存在します。

マイニングとは、英訳すると「採掘」でパソコンで膨大な量の難易度の高い計算式を解き、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の取引記録を承認し、その成果として新しく発行された仮想通貨を受け取ることです。多数のマイナー(仮想通貨を採掘する人)が、パソコンでこの一連の作業を行い、一番最初に成功することが出来たマイナーに報酬が支払われる仕組みとなっております。マイニング誰でも始めることが出来て、主にマイニングのやり方は3種類に分類されるといわれています。 ①ソロマイニング  ソロマイニングとは、誰とも協力せずに個人でコツコツとマイニングする方法です。グループや企業に太刀打ちするためには、高性能な機材を揃える必要があり、コンピューターの知識もかなり必要になってきます。ビットコイン誕生当初は、個人でも採掘可能でしたが、参入者が増加したため現在は非常に難し戦略といえます。ビットコインなどの有名通貨ではなく、まだ世にあまり知れ渡ってないアルトコインなどは個人でも戦うことが可能です。値上がりすれば、ビックマネーを掴むことが出来ますが、価値がなくなる可能性も高くなるので注意が必要となってきます。ソロマイニングは個人で行うためプールマイニングや、クラウドマイニングに比べリスクは大きいが、リターンも大きくなるのが特徴です。 ②プールマイニング プールマイニングとは、個人がグループとなり協力し、得た報酬を分け合う方法です。グループのことをマイニングプールと言います。高性能のコンピューターが相手だと太刀打ちできないため、チームで力を出して助け合いマイニングを行い、報酬を得るといった感じです。チームで行うため報酬が貰える可能性は高くなりますが、自分がマイニングに成功したのに仲間にも分配しなければなりません。ですのでリスクは低く行えますが、リターンも少なくなってしまいます。 ③クラウドマイニング クラウドマイニングとは、自身でコンピューターなどの機材を用意することなく、高性能機材を複数使ってマイニングを行っている業者に投資するといった方法です。株式で言うと投資額に応じて配当金を受け取るイメージです。機材に使う電気代に気を使うこともなく、業者が電気代が安い海外などでマイニングを行うため、初心者でも手軽に参加しやすいといえます。ただし、簡単に始められますが業者を正しく見極めないと、詐欺にあう危険性も考えられるので注意が必要です。